青森市中央卸売市場 青森魚類株式会社 青森市中央卸売市場 青森魚類株式会社
ホーム エントリー・資料請求 個人情報保護方針 リンク集
青森市中央卸売市場 青森魚類株式会社
  トピックス
ホーム
 会社案内 事業内容 活動紹介 採用情報  

 トピックス詳細
[2021/01/14]【ご飯の最強のお供 マダラ子の醤油漬け】

皆様こんにちは。

青森の冬、今シーズン久々の豪雪で、この間の3連休はほぼ雪かきでした…
良い運動にはなりましたが、スノーダンプ・スコップを使うときずっと中腰でツライですね。
今は降雪は穏やかになりましたが、道路状況がスゴイことになってるので、
ドライバーの皆様は気を付けて運転お願い致します!


さて本日は、冬の風物詩、マダラ子醤油漬けを紹介致します。

津軽の冬。店頭に並ぶ「黒い物体のパック詰め」、マダラ子です。

選ぶ時は、黒い皮よりも、まだら模様の皮を選んでください。「真鱈」だけに。


◇下処理◇

1)皮に入ったままの真鱈子に熱湯を回しかけます。


2)皮を破き中身を別ボールに移します。3%程の塩水を入れ、割りばしなどでかき混ぜ、血合いなどを取り除きます。


3)細かいネットやキッチンペーパーで半日くらい水切りをします。これで臭みが消えます。



◇材料◇
・マダラ子  :約200g
・酒     :大さじ2
・味醂    :大さじ2
・醤油    :大さじ2
・あらめ昆布 :約20g
・鷹の爪   :輪切り1つまみ


◇作り方◇

1)下処理済みのマダラ子に酒、味醂、醤油を加え、都度かき混ぜます。


2)良く混ざったら、あらめ昆布を加え混ぜ、鷹の爪も輪切り一つまみ入れ、さらにかき混ぜます。


3)味を見ます。この時点でまだ水分が多いですが、味が良かったら、そのまま冷蔵庫へ
 (味の微調整は食べる直前に。最初からいろいろ入れると、苦味が出ることもあります。)

4)一晩おくと、昆布が水を吸って、良い感じに仕上がります。

 


最強のご飯の御伴連合軍が存在するとしたら、
マダラ子醤油漬けはその一翼を十分担えると思います。

刻んだスルメを入れたり、キノコを入れたり。
七味唐辛子を振りかければ、酒の肴にも。




前項 前頁 項先頭 頁先頭 ホーム ホーム